まだ複数刃のT字カミソリを使い続けますか?

まだ複数刃のT字カミソリを使い続けますか?

複数刃のT字カミソリは、刃を交換できるカートリッジ式や、ホテルのアメニティのような使い捨てなど、様々なタイプが世に出回っています。安価で入手しやすい反面、様々な悩みも聞かれます。その例をご紹介しましょう。

 

UnsplashBrett Jordanが撮影した写真

 

細かな部分を剃りにくい

5枚以上の複数刃になると、鼻の下やもみあげなど細かい部分を剃りにくくなります。刃の枚数が増えるほど剃る方向の幅が広がり、スムーサーが付いているとさらに大きく、扱いづらくなります。

 

軽くて不安定

重量が軽すぎると力の入れ加減が難しく、ヒリヒリ感などの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

ヘッドが動き過ぎて扱いづらい

ヘッドの可動範囲を売りにする商品もありますが、動き過ぎるとコントロールできず不安定になり、肌トラブルの原因になることも…。固定して使える機能がある商品を選ぶ方も多いようです。

 

ハンドルが滑る

シェービングクリームや水分などでハンドルが滑ると、狙った所を剃れないだけでなく危険なので、滑り止めの性能はT字カミソリには必須です。

 

スムーサーによる問題

スムーサーは刃の滑りを良くし、肌を保護してくれます。しかし水溶性なので、着色された成分がはがれて色々な所に付着するケースも。髭くずなどがスムーサーの中に入り込んで不潔になりやすいのも問題です。

 

カートリッジが高価

カートリッジは少なくとも1ヶ月に1回は交換する必要があり、髭の状態や保管状況によってはそれ以上になることも。カートリッジの価格は馬鹿になりません。

 

カートリッジを捨てるのに罪悪感がある

プラスチックと金属が組み合わされたカートリッジは使用後にリサイクルができず、環境への影響が懸念されます。

 

ロックウェルレイザーの両刃カミソリが解決すること

ロックウェルレイザーの両刃カミソリは、これまで見てきた問題をすべて解決に導いてくれます。本体は金属製で適度な重さがあり、軽すぎたりヘッドが勝手に動いたりする心配はありません。

独自の調整機能によって初めての方でも安心して扱え、シンプルな構造で細かな部分も容易に剃れます。

ハンドルのローレット加工は滑り止めの役割を果たしつつ、外観の美しさを際立たせる効果も。替え刃は1枚数十円と安価で、長く使うほどコストメリットが大きくなります。

全体を水洗いできるので常に清潔な状態に保つことができ、すべてのパーツがリサイクル可能という点も見逃せません。

 

まとめ

ロックウェルレイザーの両刃カミソリは機能や操作性、コスト、環境負荷など様々な点で複数刃のT字カミソリよりも優れています。髭剃りの悩みを解消し、ありふれた日常の時間を豊かなものに変えてみてはいかがでしょうか?

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。